旭琉会

四代目旭琉会(きょくりゅうかい)は、沖縄県那覇市首里石嶺町4-301-6・3Fに本拠を置き、那覇市首里石嶺町に本家を置く指定暴力団
沖縄県内に勢力を持ち、構成員は約270人。前身は沖縄連合琉球会
2011年に沖縄旭琉会を率いた富永清を会長に、四代目旭琉会を率いた花城松一を会長代行に据え「旭琉會」の名称で一本化。
kyokuryuu.jpg

略歴
昭和43年(1968年)ごろ、三代目山口組小西一家小西音松総長は、神里恵男を舎弟とした。神里恵男は、尼崎市で親琉会を結成した。
昭和44年(1969年)、神里恵男は、親琉会沖縄支部・国琉会を作り、支部長に国仲寛一を据えた。まもなく、国琉会は琉球警察によって解散した。
同年12月、沖縄県で山原派と沖縄派が合併して、沖縄連合琉球会(後に「旭琉会」に改称)が結成された。
昭和48年(1973年)、山口組若頭補佐小田秀臣山口組織田組織田譲二組長は、東亜友愛事業組合と交渉し、東亜友愛事業組合沖縄支部(支部長宣保俊夫)を、山口組直系とした。
同年、旭琉会は、旭琉会理事・上原勇吉を謹慎処分とした。これをきっかけに、第4次沖縄抗争が勃発した。
詳細は第4次沖縄抗争を参照

平成4年(1992年)6月26日、沖縄県公安委員会から指定暴力団に指定された。

系譜
沖縄連合旭琉会会長 - 仲本善忠
二代目旭琉会会長 - 多和田真山
三代目旭琉会会長 - 翁長良宏
四代目旭琉会会長 - 花城松一

組織図
会 長 - 花城松一
会長代行 - 高江洲良吉錦一家総長)
副会長 - 志多伯幸仁志多伯一家総長)
理事長 - 中村實桜一家総長)
理事長 - 糸数幸昌ナニワ一家総長)
本部長 - 安慶名誉夫誉一家総長)
幹事長 - 久高将茂丸宏一家総長)
組織委員長 - 知念正人知念一家総長)
理事長代行 - 知念秀視(二代目沖島一家総長)
理事長補佐 - 糸数光秀洸成一家総長)
理事長補佐 - 宮城正春(二代目丸神一家総長)
副本部長 - 豊里友尚(二代目丸長一家総長)
会長秘書 - 山城茂一心一家総長)
幹事長補佐 - 伊波健(二代目嘉手刈一家総長)
幹事長補佐 - 我喜屋良盛(二代目丸良一家総長)

傘下組織
・二代目沖島一家
・二代目丸良一家
・二代目丸長一家
・二代目丸神一家
・二代目嘉手刈一家

歴代理事長
■三代目旭琉会理事長
富永清富永一家総長総長-沖縄旭琉会会長)
花城松一沖島一家総長-四代目旭琉会会長)
■四代目旭琉会理事長
中村寛桜一家総長)


沖縄のヤクザ
沖縄のヤクザは本土とは異なり、戦後に発生した。
本土ヤクザの組織内部の関係では親と子の結びつきが主になり、盃を交わすと年齢に関係なく親分子分の関係になるが、沖縄ヤクザの場合には沖縄一般社会が兄弟的関係や血縁関係が強いため、本土ヤクザとは若干異なる組織形態で発展した。
そのため、本土ヤクザには見られない抗争を繰り広げることにもなった。
地理的な条件もあるが、熾烈な抗争もあり山口組を初めとする本土の広域暴力団の進出が(例外有)広島県と共に無い地域である。

この項目は書きかけ項目です。
役職や名称等、人事の変更などで必ずしも最新の情報とは限りません。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。
※誹謗中傷や悪戯、あらし行為、悪質な売名行為、他サイトの宣伝などは厳禁とし、それらを行った者に関しては厳重な処罰の対象とし、悪質編集者リストへ一定期間掲載させて頂きますのでご注意下さい。


  • 最終更新:2017-10-17 12:07:05

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード