関東連合

関東連合(かんとうれんごう)は、20世紀から21世紀の初頭期にかけて存在した暴走族。東京都世田谷区や杉並区の暴走族の連合体として1973年に結成され、2003年に解散。
解散後もOB同士が上下関係に基づく強い絆で結束しているとされ、2000年代から2010年代にかけて、東京・六本木周辺などで発生した各種事件の関係者としてたびたびその名が登場してきた。解散後の状況下にあっては、このOBらの結び付きを指して関東連合と一般に呼んでいる。

東京都内の渋谷、六本木、西麻布、および新宿のいわゆる闇社会にて一定の勢力を誇っており、「既存の暴力団ではないが暴力的な犯罪を行う集団」を意味する半グレの象徴的な存在と言われる。その点では「怒羅権」との類似性も指摘される。愚連隊と称されることもある。

改正暴力団対策法や暴力団排除条例の影響で表立っての活動を失速させた暴力団に代わる形で台頭してきたとの見方もあるものの、そのメンバー、すなわちOBには現役の暴力団組員も少なくない。

東京都内のいわゆるアンダーグラウンド界隈では1990年代初頭期頃からその名が広く通っていたものの、歌舞伎役者を巻き込んだ2010年の海老蔵事件をきっかけとして全国的に知られる存在となったと見られている。

概略
1975年に東京都内の各地区を代表する有名な不良達の団体で構成された暴走族の連合体。
当時から敵対する暴走族・愚連隊・チーマー・ギャング・暴力団と揉めたりしていたが、チームOB達が集まり海老蔵事件(石元太一伊藤リオン)や朝青龍暴行事件(川名毅=川奈 毅上山信二中村 創)の朝青龍を引退に追い込んだり等マスメディアで取り上げられた事によって愚連隊扱いになる。
東京都を中心にして神奈川県(横浜)/静岡県(沼津)/埼玉県(大宮)/千葉県(茂原)/茨城県/群馬県と幅広い不良の交友関係を持つ。

関東連合誕生
すでに結成されていた暴走族の連合体であるCRS連合や東京連合を含めた大連合体の確立を狙い1975年(昭和50年)関東連合結成
ブラックエンペラードキュメント映画『ゴット・スピード・ユー』出演して攻勢。
東京連合金鹿の末端に話しがいきこじれる。(幹部に話しを通せば聞かない訳でもなかった。)
CRS連合は無視。鬼羅連合も無視。極悪は集会に参加するも途中退席。
結成式直後CRS連合のルート20と抗争で結成と同時に有名無実な存在となる。
七里ヶ浜抗争事件以来警察の取締りは一段と強化され、暴走族はこれに挑戦するように内部抗争を日々深める。
関東連合の結成に携わり、初代の最高顧問のアクセスジャーナルで連載やってる渡辺正次郎氏(当時は国会議員の秘書)
「暴走族同士の抗争事件を避ける為に、全国の暴走族に一斉に呼びかけて大同団結したい。」
と相談されて考えを聞いて賛成し
「団体の名前を決めろ。」
それで決まったのが関東連合
初代会長が渡邉康司氏で初代最高顧問。
警視庁幹部と話し合いが行なわれ、参加する全国の暴走族幹部達に“大同団結し、関東連合を設立した趣旨説明”する為の第一回集会を駒沢公園(S49年)の許可が降りる。

「駒沢公園にはTV局から新聞社からみんなきましたよね。普段は暴走族を目の仇にしていたようなマスコミが、今日は暴れる様子もないから行ってみようてなもんだったんじゃないのかな。それに代議士が一枚からんだとなれば、それなりにマスコミにも動員かけてきたんじゃないかと思いますね。」

当日は警視庁交通執行課職員(トップキャリア含む)20人以上が立ち会っての上で開催。
その日は北海道を除く全国から駆けつけた暴走族リーダーと幹部約6000名が駒沢公園を埋め尽した。
横目で見ると立ち会った警視庁幹部たちの顔は真っ青で緊張しているのが分かった。

暴走族の集団である関東連合の結成式には警視庁キャリアを含む20人以上が参加していたと言うんだから、警察とズブズブだったわけだ。
マッドスペシャルの会長が国防青年隊の隊長やってた事もあり、会長の根回しがあって関東連合は出来た。
S49に駒沢公園で行われた『連合結成集会』には6千人の暴走族メンバーや警察・各マスコミ・右翼団体・暴力団が応援に駆け付け、政治家までもが演説をするという異常な事態を巻き起こした。
結成集会には既に結成されていたCRS連合や、下町地区で単独硬派を売りにする無差別暴力集団の極悪。1960年代からの伝統を持つ城南地区のゼロなども顔を揃えた。
ブラックエンペラー&マッドスペシャルが主体で赤蜻蛉/鼠小僧/ほうじろ/ファニーダック/寿限無/鬼面党/ホワイトローズ/鬼面党/MEDUSA/零拠/小次郎/鯨/エンジェル/狂乱恋命/バラモン/幻/烏山/狛江/既存の連合体に加入していない100チーム以上が関東連合に参加。

構成人数
結成時の規模は総人数約3,000人/車両台数約1,500台
1980年代の3,000人程度
1990年代には200人程度
現在は50人程度

現在は現役の構成員よりOBの方が多い「関東連合=元関東連合OBの団体
関東連合OBの構成員の多数が住吉会幸平一家山口組山健組/弘道会に所属しており暴力団の構成員や幹部。
関東連合自体にケツ持ちはいないが、一人一人にケツ持ちが付いてる。

1980年代関東連合
1980年代の関東連合はブラックエンペラー(下北沢/千歳台/永福町/三多摩)
マッドスペシャル(阿佐ヶ谷/荻窪)が主軸・鬼面党/メデューサ/狂乱恋命/小次郎/鼠小僧が加盟。
S51世代が現役だった頃、20代の関東連合OBは東京連合と本気で殺し合いしていた。
関東連合が五反田の全狂連の集会に殴り込みして相手を刺殺。
刺したのはS41のエンペラーの人。東京連合がなくなったのはS49世代。
東京連合がなくなった後に関東連合が台頭してきたのは事実だが昭和の関東連合も自宅襲撃や裸のままさらって監禁ヤキや耳そぎ、関東連合お得意のキチガイ系の事をしていた。

1990年代関東連合
渋谷区/世田谷区/杉並区で続いていた『関東連合』殉國青年隊(関東連合=カントウレン)が類い希なる凶暴さを発揮し、震撼させた。
殺人上等を地で行く集団と化し『上町小次郎』・『上北沢鬼面党』・『阿佐ヶ谷魔悪怒』・『荻窪魔悪怒』・『久我山狂乱恋命』・『下北沢黒帝會』・『千歳台黒帝會』・『永福町黒帝會』・『新宿十二社蛇女』の組織で残虐非道なまでの残虐な事件を巻き起こして来た。
杉並区の『和泉愚連隊』・『久我山愚連隊』世田谷区の『三軒茶屋黒皇帝』解散後に結成された『三軒茶屋愚連隊』も関東連合に加盟。
1990年代に自らを「都内最強無情殺人集団」と謳う狂気の宮前愚連隊も後に『単独硬派』から『関東連合一派』として活動する。
同時期に存在していた足立区『鹿浜ジェロニモ』・稲城市『ナポレオン』・多摩市の『白薔薇』(ホワイトローズ)・国分寺市の『エルシド』・神奈川県川崎市『向ヶ丘遊園メデューサ』・『ブラックエンペラー』・横浜市『十日市場ブラックエンペラー』
関東連合と合同で集会を行うことなどは皆無となり、山の手地区の『関東連合』として(90年代は、田無ブラックエンペラーも関東連合に加盟) 異常な程の敵対組織への襲撃・刺殺事件・拉致監禁・スプレー落書きによる宣戦布告・売名行為・日中特攻服を着て電車に乗り都心部を練り歩く。
『関東連・歩き集会』等の行為で名を売り、現在でも『関東連合=キチガイ殺人集団』といわれる。
1990年代前半にブラックエンペラー=黒帝會・マッドスペシャル=魔悪怒・メデューサ=蛇女とチーム名を漢字表記に変更。
1990年代後半は実質的に暴力団にも似た組織力・統率力・イメージ戦略で都内の未成年不良少年達の頂点に立つ。
女にモテる事は度外視でとにかく『恐れられる事』『手段を問わず喧嘩に勝つ事』を目指していた。
S52年・S53年・S54年・S55年・S56年・S57年メンバー(内部抗争もかなり勃発して受け継ぐ者がいなく長期社会不在者の続出でこの世代で解散)
極悪・凶悪・残虐非道性質は他の暴走族や愚連隊とは比べ物にならない程で的にされたくないNo.1暴走族とまで言われた。
少年法改正前であった為、殺人でも2年~3年弱で娑婆に出れるので少年ヒットマンが大量生産。
合言葉は殺人上等/メッタ刺し(抗争相手死者多数)

抗争・喧嘩に際し、集団暴走中にチーム同士の抗争から、敵対・対立するグループに所属する者を狙う時は生活環境(実家・恋人・知人までも手にかける)・行動パターン等を用意周到に徹底的に調べ上げ、一人または少人数で居る所に奇襲をかけ拉致(夜道でいきなり喉元に包丁突きつけたり、暗闇でいきなり後ろから単車で轢いたり、相手の家に火炎ビン何本も放ったり)し、暴力(半殺しにした後)と玩具(男同士でシックスナイン・フェラチオ・オナニー・ホモSEX・飲尿・食糞等をさせて写真撮影や動画撮影をする)と金品強奪にして悲惨な目に合わせるといった相手に恐怖感(負けを認めても反抗的だと腕を再起不能になるくらいに金属バットでグシャグシャに潰したり、ナイフでめった刺しにして腕を懐死させたり)と羞恥心(傷口に汚物(うんこ)を塗り込まれたり、食べさせたり、素っ裸にして山まで連れて行きガードレールに縛り付ける)を植えつけさせて二度と逆らえない程痛めつけるゲリラ戦へと変化。
永福町ブラックエンペラー22代目の見立氏がやってた検問張って原チャリ2ケツで金属バット持って奇襲とか自宅襲撃してさらってヤキとかは代々の永福町ブラックエンペラーの伝統で上から「教えられる」襲撃の仕方。
東京連合と抗争してた時代の襲撃の仕方を引き継ぎ永福町ブラックエンペラーが当時の都内を怒涛の快進撃で制圧。
昭和51年生まれの人間が上町小次郎を継承し、杉並・永福町の1978年(昭和53年・見立氏/松嶋氏)世代の人間が22代目永福町ブラックエンペラーを復活させた世代は金属バット・鉄パイプ・包丁・ナイフ・日本刀・拳銃といった暴力団顔負けのスタイルに変更。
この世代の抗争はタイマン勝負やステゴロ勝負よりは奇襲/襲撃/拉致監禁/刃物を使った刺し喧嘩が主流となる。

S52年世代
昭和52年生まれの代が中心のチーム。
チーマー世代で井上勇氏や田丸大氏が当時の有名人。
元暴走族やギャングが多い。
『女にモテること』と『不良』を両立させようというコンセプト。
『チーマー』の最後の世代。
この世代の2歳年下(昭和54年生)までBAD-G・イラプション・ジャックスといったチームが存在していた。

S53年世代
昭和53年世代『永福町ブラックエンペラー』・『新宿メドゥーサ』
昭和53年の見立真一氏が復活させた『永福町ブラックエンペラー』が徹底的に仕切る。

主な活動目的=集会・集団暴走・威嚇行為・自宅襲撃・奇襲・抗争・喧嘩・凌辱・拉致監禁・脅迫。
『歩き集会』をチーマーたちの本拠地・渋谷で行うこともあった。
「楽しけりゃいいじゃん。」のチーマー達にとって暴走族は、抗争相手としてはややこしい相手であった。
一方、暴走族達はチーマー達を「眼中なし」と見ていた。
昭和53年生まれの関東連合のメンバーは昭和52年生まれのTOP-Jのメンバーを先輩として立てているようには見えなかった。
S53は見立氏の登場。加藤氏の代が全員パクられて関東連合が解散になったのを復活させたのがこの世代の永福町ブラックエンペラー。
襲撃は加藤氏の代を遥かに超え、総力戦・ゲリラ・奇襲・凶器有り・恐怖心を与える事に関しては相当長けていて関東連合の知名度を一気に上げた。
S53西川氏・山田氏のこの世代の用賀喧嘩会も半端なく凄かった。
CRS連合三鷹スペクターの鈴木氏と小俣氏が22代目黒皇帝の佐藤氏とメデューサ邑井氏が教護院が一緒で仲良かった事から友好団体で抗争に参加。

S54年世代
この辺りから都内最恐の宮前愚連隊が出てくる。安清氏・小池氏・柴田氏、見立氏と仲良かった関係から宮前愚連隊も関東連合一派を名乗る。
S54は宮前愚連隊の柴田氏人気で宮前愚連隊総勢50人以上(キック/ボクサーやら格闘技経験者と喧嘩が出来る奴ばかりが集まり、めった刺しもやるキチガイも集まった喧嘩殺人集団。後に都内最恐と言われる。)
片腕がグチャグチャになるまでバットで叩き続けたり、腕を数10箇所刺して刺殺したりといった相手の精神まで崩壊させるような手段は背筋を寒くさせるものがあった。
宮前愚連隊が考案した拉致った後に立てなくなるぐらい暴行した後、下剤を飲ませてうんこ我慢できなくなった同士のシックスナイン&食糞。
顔面下痢まみれの奴に「ウンコうまいです。」と言わせるのが残虐ポイント。 拉致って裸にしてさんざんボコってる途中に一人が糞を漏らした。
『てめぇー汚ねえなー。』とさらにボコり、処理するのが嫌だったから自分で食わせたのが始まり。
「シゲルは変態です。これから自分の糞を食います。」
龍の刺青をした奴がうんこ食べてる動画がチェーンメールで全国に流れる。
抗争相手に顔面をバーナーで焼いたり(後に自殺)、10Kgの鉄アレイを膝の皿に落として破壊したり、くるぶしを砕いたり、ねじれるぐらい腕をバットでグシャグシャにしたり、腕をナイフでめった刺しにして壊死させたりしていた都内最強無情殺人集団。

鬼面党の西山氏と金井氏も見立氏に認められ関東連合に参加。
(ブラックエンペラーの見立氏と宮前愚連隊の柴田氏相手に二人で全面戦争仕掛けた男達)
千歳台ブラックエンペラーも加わり、関東連合・鬼面党・宮前愚連隊・用賀喧嘩会・小次郎の時代が始まる。
用賀喧嘩会がチーマーから暴走族に変更。

S55年世代
S55年世代は複雑。宮園氏・吉村氏・成田氏・ヤカン氏が用賀喧嘩会にいた。
途中から宮園氏と成田氏が小次郎に入り、用賀喧嘩会と抗争。
これに困惑したのが、関東連合と用賀喧嘩会のOB達。
内輪揉めだけはさせたくなかったが、宮園氏と吉村氏は最後の最後まで犬猿の仲。
S55年は関東連合も宮前愚連隊も悲惨だった。
関東連合は見立氏/宮前愚連隊は柴田氏のヤキヤキヤキ。S55宮前愚連隊は全員バックレ。
(バックレたのはOBのカンパが激し過ぎたのとミスを犯した連中達で柴田氏に男同士でハメ撮りしろって言われて耐えられなくなる。) S55年関東連合は抗争・抗争で長期社会不在の期間長すぎた。

S56年世代
S56は石元太一。16代目千歳台ブラックエンペラー総長。彼の人気で千歳台に猛者が集る。
東洋ボール殺人事件の実行犯もこの世代。車は三田次男から借りて、親名義で後にマスコミに叩かれたが、この代も当時は有名。
関東連合vs練馬の抗争の時は互いに全員包丁を持ち刺したり、刺されたり、何人死んで何人懲役いったか分からない程の世代。

加藤氏・佐野氏・見立氏・石元氏のグループに別れてるが、何かあれば集まるだろうが、今一番力があるのは見立氏のグループ。
松島氏・富沢氏・小池氏。この辺は未だにガッチリな上に家業上の若い衆も多い。
この世代の関東連合は一人一人が気合い入っていて危ない奴だらけでキチガイ揃い。
S56の鬼面党が一般人に手を出した後に関東連合幹部会が若林のスカイラークで世田谷の関東連合は一般人に手を出さないと約束。

推移と動向
1978年の道交法改正後にも試行錯誤して大きな集会を開いていたCRS連合/東京連合と違って
台数が激減した都内ブラックエンペラー等は16歳中心で構成されゲリラ化
街道沿いで待ち伏せて奇襲(原付2ケツフルフェイスで敵対組織にばれないように襲撃)。
その結果警察の摘発にあいメンバー減少。
多くはチーマー/愚連隊に移行。
一部が暴走族の看板を使い、暴力行為がエスカレートし殺人・拉致監禁・卑猥なリンチと歯止めが利かなくなり消滅。
「チーマー/ストリートギャングの影響も受けて服装はカジュアルなストリート系。
単車にこだわらない『都市型暴走族』で喧嘩に特化した『愚連隊』。
“変異”の背景には、道路交通法改正による集団暴走の取り締まりの厳格化。
目立つ特攻服で暴走すれば一網打尽。結果的に世間でいう『非行』が潜在化した。
武器で相手を叩きのめすことも躊躇しない。不良の気質が変化し、警察の存在や逮捕も恐れなくなった。

対策
警視庁の捜査関係者によれば、「関東連合のOBグループの存在は把握しつつも、既に暴走族としての実体がないため、組織としては事実上野放しにしてきた」が、いわゆる海老蔵事件(2010年)を機に実態解明への着手が本格始動、組織犯罪対策特別捜査隊への専従班の設置に至ったという。
2013年には「暴力団と同程度の明確な組織性はないものの、構成メンバーが集団で常習的に暴力的な不法行為をしているグループ」を定義とする準暴力団に位置づけたうえでの警察庁の号令に基づく実態解明の取り組みが始動している。

構成団体
ブラックエンペラー
東京都(下北沢・永福町・三軒茶屋・新宿・赤坂・千歳台・中野・玉川・荻窪・護国寺・巣鴨・下馬・駒沢・方南町・用賀・国立・国分寺・小金井・小平・東村山・田無・保谷・滝山)
北海道(函館・豊平・小樽・薄野)
青森県(五所川原(津軽)
秋田県(秋田)
山形県(山形)
宮城県(仙台)
福島県(福島)
新潟県(新潟)
群馬県(前橋・高崎・藤岡・渋川)
栃木県(栃木・佐野・足利・小山)
茨城県(水海道・取手・岩井南・守谷・牛久・明野・伊奈・藤代・谷和原・竜ヶ崎・土浦)
埼玉県(所沢・深谷・本庄・児玉・小手指・新座・鳩ヶ谷)
山梨県(甲府)
長野県(軽井沢)
千葉県(千城台・生実・検見川・高州・真砂・稲毛・黒砂・加曽利・東千葉・海浜・白井・草野・轟・佐倉・道場北・都賀・道場南・若松・山王・葛城・千草)
神奈川県(十日市場・中山・鶴見市場・臨港・南大師・川崎東口・丸子・渡田)
静岡県(静岡・沼津・三島)
愛知県(守山・江南・昭和・御幸山・岡崎・蒲郡・西尾・碧南・東郷・吉良)
岐阜県(岐阜)
三重県(三重)
兵庫県(姫路)
広島県(広島)
大分県(別府)
福岡県(久留米・八女・太宰府北九州・小倉)
熊本県(熊本・八代・水俣・菊水)
佐賀県(城北・城南)

卍赫夜姫
千葉県(茂原・長生・長南・岬・美咲・一宮・本納・冨士見・茂原東・市東・東金・大網)

マッドスペシャル
東京都(阿佐ヶ谷・荻窪・中野・新宿・練馬・世田谷・豊田・雲雀)

この項目は書きかけ項目です。
役職や名称等、人事の変更などで必ずしも最新の情報とは限りません。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。
※誹謗中傷や悪戯、あらし行為、悪質な売名行為、他サイトの宣伝などは厳禁とし、それらを行った者に関しては厳重な処罰の対象とし、悪質編集者リストへ一定期間掲載させて頂きますのでご注意下さい。


  • 最終更新:2013-08-26 23:39:51

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード