鈴木一彦

鈴木一彦(すずき かずひこ、昭和15年7月31日生)は日本のヤクザ。指定暴力団・六代目山口組舎弟。旭導会会長。

略歴
北海道旭川の出身。若い頃から愚連隊として暴れまわった後、17歳で渡世入り、20歳の時に赤石秀雄の盃を受けて関保会に加入した。一時期関東に出て関東ヤクザの流儀、作法などを学んでいた時期もあった。旭川に戻った後に北海道内で金融業、不動産業などで資金力を付け、昭和47年に赤石秀雄三代目を継承後、赤石分家として一家の頭目となった。昭和55年頃に三代目の跡目代行に就任した。後平成元年9月に三代目は関保会として五代目山口組に舎弟として加入した。
しかし平成3年9月に関保会内で内紛騒動が起き、その責任を取って赤石秀雄山口組を除籍となり、関保会は事実上解散した。その地盤を引き継ぎ、旭導会を結成して山口組直参に昇格した。その後司忍六代目体制が発足すると若頭補佐に登用され、北海道から初の執行部入りを果たした。平成20年には『関東ブロック』のブロック長も兼務した。
平成23年10月に舎弟に直り、『関東ブロック』のブロック長も藤井英治に譲った。

この項目は書きかけ項目です。
役職や名称等、人事の変更などで必ずしも最新の情報とは限りません。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。
※誹謗中傷や悪戯、あらし行為、売名行為、他サイトの宣伝などは厳禁とし、それらを行った者に関しては厳重な処罰の対象とし、悪質編集者リストへ一定期間掲載させて頂きます。


  • 最終更新:2017-12-26 09:52:19

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード