金伸一

金 伸一(きん しんいち 昭和35年生)は元六代目山口組秋良連合会舎弟頭一蓮会総長。現在は現役を引退し、生駒山(奈良県)のふもとに位置するキリスト教の神学校「生駒聖書学院」に入学した。

略歴
1960年、当時は「朝鮮部落」と呼ばれていた東京のある地域で生まれた。父親は元ヤクザのとび職で、姉と弟がいたが、小学5年の時に父を亡くす。家は非常に貧しくなり、中学2年の夏ごろからは学校にも行かなくなった。東京の歌舞伎町で不良高校生を捕まえてはどう喝し、遊びのためのお金を稼ぐという生活をしていたという。16歳で少年院に入るが、ろくに学校にも行っていなかったため、漢字も書けないほどだった。皮肉にも、本格的に勉強を始めたのが少年院の中だった。しかしすでにその頃から、将来はヤクザになると心に決めていたという。
住吉会 十三代目幸平一家 堺俊二と兄弟分であった。

この項目は書きかけ項目です。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。
※誹謗中傷や悪戯、あらし行為、売名行為、他サイトの宣伝などは厳禁とし、それらを行った者に関しては厳重な処罰の対象とし、悪質編集者リストへ一定期間掲載させて頂きます。


  • 最終更新:2019-06-20 23:47:46

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード