西口茂男

西口茂男(にしぐち しげお、昭和4年~平成29年9月12日)は日本のヤクザ。指定暴力団住吉会総裁。
住吉会総裁本家家紋.jpg

略歴
昭和20年代、戦後間もなくして芝浦の住吉一家向後平(向後初代)の若者となる。

1956年(昭和31年) 3月6日 東京都台東区浅草の妙清寺で葬儀中、
住吉一家向後初代・向後平と大日本興行初代・高橋輝男が拳銃で壮絶な撃合いとなり、向後平と高橋輝男、大日本興行幹部桑原優などの3人が射殺された。
3月6日の浅草妙清寺抗争事件により西口茂男は服役。

1965年(昭和40年)向後二代目を継承したのち、拠点を芝浦から杉並区高円寺に移した。

1991年(平成3年) 2月 西口茂男が住吉連合会会長に就任した後に、
住吉一家六代目を継承。
それに伴い住吉連合会向後二代目代貸の早川守に向後三代目を継承。
西口茂男は住吉連合会の各一家親分との親子血縁盃を行い住吉会と改称。
西口茂男会長 沼澤春男会長代行 鈴木康夫総本部長 福田晴瞭理事長体制。

1992年(平成4年) 6月23日 東京都公安委員会から指定暴力団に指定。

1995年(平成7年) 7月 極東会と住吉会は親戚となる。

1998年(平成10年) 6月 西口茂男は住吉一家六代目総長のまま、
住吉会理事長(住吉一家小林会二代目会長)福田晴瞭に住吉会会長を継承。

2002年(平成14年) 1月 住吉会総裁に就任。 

2005年(平成17年) 4月 住吉会会長福田晴瞭は、住吉会総裁住吉一家六代目総長 西口茂男の指名により住吉一家七代目を継承したことで、
住吉会総裁西口茂男親分の事実上の跡目となった。

 ※注 住吉会の親分は西口茂男総裁であり盃直しは行われていない。
2017年(平成29年) 9月12日 東京都内の病院で死去。享年88歳であった。

この項目は書きかけ項目です。
役職や名称等、人事の変更などで必ずしも最新の情報とは限りません。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。
※誹謗中傷や悪戯、あらし行為、悪質な売名行為、他サイトの宣伝などは厳禁とし、それらを行った者に関しては厳重な処罰の対象とし、悪質編集者リストへ一定期間掲載させて頂きますのでご注意下さい。


  • 最終更新:2018-05-21 16:04:58

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード