落合庄次郎

口上読ノ庄坊主事落合庄次郎は寛政十年(一七九八)、世田ヶ谷池沢村に生まれる。
落合一家初代落合円次郎の実親。
池沢村の名主へ斬り込み出家。
還俗後、芝白金に住む。
口上読の庄坊主と云われ、晩年岡引を切って伝馬町に入牢病死。
明治三年七月十二日歿 行年七十三歳

  • 最終更新:2015-01-09 15:02:36

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード