若頭

若頭(わかがしら)とは、擬制的親子血縁関係によって成り立っているヤクザの社会において、子分の筆頭格を意味する役職であり、一家における長男に相当する。通常、「親分」である組長の跡目筆頭候補と目されることが多い。一般の企業で言う専務に当たる。業界では俗に「カシラ」と呼ばれる。

概要
若頭は、「若者頭」、または「若衆頭」とも呼ばれる。
若頭は、親分である組長に次ぐ組織のNo.2であり、すべての役職の中でも格別の権限を有する役職である。
歴史的には元々は関西ヤクザにおける役職であり、関東では「理事長」という役職が一般的である。しかし、近年では関東の有力団体の傘下組織でも「若頭」という役職を用いている組織も存在する。主な任務として、執行部の意見をまとめて組長に報告・承諾を得たり、抗争において陣頭指揮を執ったり、対外交渉に当たるなどといったものがある。しかしこのように、若頭の役目は大変な激務であり、そのため若頭の下にはこれを直接補佐する「若頭補佐」が置かれる。
また特に、山口組若頭は実質的な日本最大組織である山口組のNo.2であり、その人事は業界のみならず、社会全体において注目の的となる。
ちなみに國粹会においても、一本独鈷の独立組織であった頃はNo.2の役職は「理事長」であったが、四代目体制(会長・工藤和義)の時に山口組の傘下に入り、そして新たに五代目体制(会長・藤井英治)発足に伴って本職が新たに設けられた。

この項目は書きかけ項目です。
役職や名称等、人事の変更などで必ずしも最新の情報とは限りません。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。
※誹謗中傷や悪戯、あらし行為、売名行為、他サイトの宣伝などは厳禁とし、それらを行った者に関しては厳重な処罰の対象とし、悪質編集者リストへ一定期間掲載させて頂きますのでご注意下さい。


  • 最終更新:2012-10-17 03:21:14

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード