翁長良宏

翁長良宏(おなが よしひろ)は、日本のヤクザ。指定暴力団・三代目旭琉会会長。

内部抗争で殺害された二代目旭琉会会長・多和田真山の後を継いで、1983年5月に3代目会長に就任し三代目旭琉会を発足させた。
数年のうちは平和が保たれたが、1990年5月に理事長・富永 清富永一家組長)派との対立が表面化。いったんは収拾が図られたものの僅か4ヵ月後の同年9月、富永派が脱退して「沖縄旭琉会」を結成したことにより、組事務所の外装工事を行っていたアルバイトの高校生や警戒中の警官2人が巻き添えになって死ぬなどの熾烈な抗争(第6次沖縄抗争)を、1992年2月に双方が終結宣言を出すまで繰り広げることになった。

この抗争も要因となって1991年に暴力団対策法が制定され、施行直後の1992年6月に三代目旭琉会沖縄旭琉会と共に指定暴力団に指定されるなどしたため、以後は目立った抗争もなく両組織の並存を保っている。

1970年代に激しく争った山口組とも良好な関係を築き、1985年1月には暗殺される直前の四代目山口組組長・竹中正久の表敬訪問を受け、五代目山口組(組長・渡辺芳則)の頃には親戚団体の一つにも数えられるようになった。

この項目は書きかけ項目です。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。
※誹謗中傷や悪戯、あらし行為、売名行為、他サイトの宣伝などは厳禁とし、それらを行った者に関しては厳重な処罰の対象とし、悪質編集者リストへ一定期間掲載させて頂きます。


  • 最終更新:2010-01-17 15:05:57

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード