竹垣悟

竹垣悟(たけがき さとる)は日本の元ヤクザ。(自称)姫路最強・最大組織だと云われていた義竜会の会長。

竹中組山口組を脱退すると竹垣は竹中組を離脱して中野会に移籍。中野会山口組から絶縁処分を受けると古川組に移籍。2005年、古川恵一組長が二代目古川組を継承するが、竹垣は盃を受けずに破門処分となる。現在は暴力団員の更生を支援するNPO法人『五仁會』の代表を務める。

五仁會は暴力団員の更生支援の他に、こども見守り隊活動、地域の掃除、年始特別警戒活動、祭りのパトロールなどを行っているようだが、暴力団員の更生支援については疑わしい面が多々ある。

ブログやツイッターではヤクザ時代の自慢話(ホラ話)をしたり、中野会の名簿をアップしたりと、ヤクザに未練があると思われる。

また「暴力団は侠客になれ」と主張しているが盃を受けた親である竹中武組長の批判をするなど侠客とはほど遠い人物である。

2015年08月13日、事務所兼自宅を銃撃される。これは竹垣がヤクザ時代のホラ話の延長で、ブログで姫路の山健組村正会を批判したことが原因であると思われる。

最近はビートたけしのテレビタックルやサンデージャポン等でしばしば地上波テレビにも登場しているのでタレント気取りである。

この項目は書きかけ項目です。
役職や名称等、人事の変更などで必ずしも最新の情報とは限りません。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。
※誹謗中傷や悪戯、あらし行為、悪質な売名行為、他サイトの宣伝などは厳禁とし、それらを行った者に関しては厳重な処罰の対象とし、悪質編集者リストへ一定期間掲載させて頂きますのでご注意下さい。


  • 最終更新:2018-05-17 16:27:54

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード