竹内照明

竹内照明(たけうち てるあき、昭和35年2月19日生)は日本のヤクザ。指定暴力団・六代目山口組若頭補佐・中部ブロック長。三代目弘道会会長。

略歴
三重県の出身。地元で愚連隊で暴れた後に地元で渡世入りした。その時に当時山口組弘田組菱心会で理事長を務めていた高山清司の知遇を得、高山に引き取られる形で菱心会に移籍した。
昭和60年1月に山一抗争の中で山広組後藤組若頭を拉致、監禁し、その行動が一和会崩壊のきっかけを作った。その時の罪を問われて長期服役を経験したが、出所後の平成5年には初代弘道会高山組若頭に就任した。平成13年には高山組内に高照組を結成している。
平成17年に高山清司弘道会の二代目会長を継承すると、高山組の二代目組長を襲名した。二代目弘道会若頭補佐若頭の要職を歴任し、高山の右腕として組織運営の中枢を担った。平成18年に稲川会理事長補佐(当時)の内堀和也と五分兄弟盃を交わして話題となった。
平成25年9月に弘道会の三代目を継承して山口組直参に昇格すると、翌平成26年11月には『幹部』に昇格。同時に『中部ブロック』のブロック長代理に就任した。平成27年4月には若頭補佐に昇格して執行部入りした。

この項目は書きかけ項目です。
役職や名称等、人事の変更などで必ずしも最新の情報とは限りません。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。
※誹謗中傷や悪戯、あらし行為、売名行為、他サイトの宣伝などは厳禁とし、それらを行った者に関しては厳重な処罰の対象とし、悪質編集者リストへ一定期間掲載させて頂きます。


  • 最終更新:2017-12-25 12:19:37

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード