竹中正久

竹中 正久(1933年11月30日 - 1985年1月27日)は兵庫県飾磨郡御国野村(現姫路市深志野町深志野)出身、四代目山口組組長。竹中組組長。



略歴
祖父が助役、父が村会議員を務めた兵庫県飾磨郡御国野村大字深志野(後の姫路市御国野町深志野)の農家に生まれるが、12歳の時に父・龍次が死亡、旧制鷺城中学(後の姫路高校)を中退。 暴力事件、傷害事件を繰り返し、逮捕された後の1960年8月、地元の不良を糾合し竹中組を結成。のち三代目山口組若頭・地道行雄に見込まれ、1961年12月、田岡一雄から盃を受け、山口組に加入することとなる。

数百人の部隊と共に福岡に乗り込んで検挙された1962年の「博多事件」などで、山健組組長・山本健一から信頼され、1971年、山本の若頭就任に伴い若頭補佐に昇格。 1978年2月、地元組織との抗争などで懲役2年の実刑が確定し、1979年9月まで神戸刑務所に服役した。

1981年7月の組長・田岡、1982年2月の若頭・山本の相次ぐ死で、同年6月、若頭補佐山本 広が組長代行に就任。 若頭には竹中正久が就任し、竹中は若頭就任間もない同年8月に逮捕され、翌83年6月まで勾留された。

組内では山本 広に同情する者が多かったが、三代目姐である田岡フミ子の強い意向で、1984年6月5日、竹中は山口組四代目を受諾。同年7月10日に継承式が行われた。フミ子に反発した山広派は山口組を脱退、一和会を結成し山一抗争へ発展した。勢力数こそ当初は一和会山口組を上回っていたものの、竹中四代目の切り崩しを前にして一和会は徐々に弱体化、一和会側は密かに竹中の暗殺を計画し、同年9月には暗殺部隊を結成。 翌1985年1月26日、竹中は神戸の山口組新本部の上棟式の後、大阪府吹田市のマンションで、待ち伏せていた一和会 二代目山広組系組員に銃撃され、意識不明のまま翌27日に死亡した。 竹中に同行していた若頭・中山勝正も射殺され、山口組は短期間のうちに、再び親分と若頭を失う事態となった。

なお弟の竹中組組長竹中武が後に山口組若頭補佐に就任したが、若頭・渡辺芳則(二代目山健組組長)が五代目山口組組長に就任した際、山口組から脱退した。


この項目を加筆、訂正して下さる協力者を求めています。
※誹謗中傷や悪戯、あらし行為、売名行為、他サイトの宣伝などは厳禁とし、それらを行った者に関しては厳重な処罰の対象とし、悪質編集者リストへ一定期間掲載させて頂きます。


  • 最終更新:2016-07-31 06:30:47

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード