稲川裕紘

稲川裕紘(いながわ ゆうこう) 本名: 稲川土肥(いながわ とい) 昭和15年生 1940年 - 2005年5月29日 )は、ヤクザ、指定暴力団・稲川会三代目会長、稲川一家総長、山崎屋一家総長。稲川千尋(いながわ ちひろ)とも名乗った。稲川会総裁稲川聖城(角二)の実子(長男)。稲川会元本部長稲川英希(英生)(三代目稲川一家総長)は実子(長男)。

略歴
1959年に横須賀一家五代目総長石井隆匡のもとで修行に入り、
1974年に静岡県熱海市を縄張とする山崎屋一家を継承。
1980年に神奈川県横浜市の縄張も継承すると同時に「稲川一家」を名乗る。
1990年10月、稲川会3代目会長に就任。
2005年5月、入院先の東京の病院で64歳の若さで病死した。

この項目は書きかけ項目です。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。
※誹謗中傷や悪戯、あらし行為、売名行為、他サイトの宣伝などは厳禁とし、それらを行った者に関しては厳重な処罰の対象とし、悪質編集者リストへ一定期間掲載させて頂きます。


  • 最終更新:2018-06-07 17:45:30

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード