稲川聖城

稲川聖城(いながわ せいじょう、本名: 稲川角二(いながわ かくじ)、1914年11月13日 - 2007年12月22日 )は、ヤクザ指定暴力団稲川会初代会長、総裁。稲川会三代目会長・稲川裕紘は実子(長男)。
Inagawa.jpg

略歴
区]]浅間町 (横浜市)|浅間町に生まれる。1933年頃、同町で柔道教室を催する吉岡日露史の門弟だった<ref>「柔道年鑑」昭和8年版によると吉岡は柔道四段。浅間町234番地に道場を持つ。資料によっては日呂史とするが、ここでは年鑑の記述に従う。同著の高段者名簿の二段の欄に「稲川角二」とある

1933年神奈川県鎌倉郡片瀬町(後の藤沢市片瀬)を本拠とする堀井一家三代目総長加藤伝太郎の下で修行に入る。ここで生涯の兄貴分となる横山新次郎と出会った。

1935年会津若松市|会津若松歩兵第29連隊に現役兵として入隊(父親福島県出身であった為)。1936年二・二六事件に鎮圧軍側の一人として出動。

1941年、網島一家五代目総長の鶴岡政治郎の代貸になる。

1949年静岡県熱海市の山崎屋一家五代目を継承すると同時に「稲川組」を結成。
横浜の愚連隊だった出口辰夫(通称モロッコの辰)、井上喜人吉水金吾林喜一郎(後の錦政会理事長、稲川一家総長代行、稲川会会長補佐)を若衆とし(彼らは四天王と呼ばれた)、一気に勢力を拡大した。
その後、稲川組を主体として、東海道地方の鶴岡政治郎系の一家を集め、鶴岡政治郎に因み「鶴政会」を結成。
1963年政治結社「錦政会」を結成。しかし、第一次頂上作戦の影響によって1965年に錦政会解散。

1965年には稲川組から「稲川一家」に改称。

1972年には「稲川会」に改めた。

1985年、稲川会会長を横須賀一家五代目総長・石井隆匡(進)に譲り、自身は稲川会総裁に就任した。
同年に、竹中正久四代目山口組組長の後見人を務める。

1989年には渡辺芳則五代目山口組組長の後見人を務めた。

2007年12月22日、肺炎のために没。93歳。
この項目は書きかけ項目です。
役職や名称等、人事の変更などで必ずしも最新の情報とは限りません。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。
※誹謗中傷や悪戯、あらし行為、売名行為、他サイトの宣伝などは厳禁とし、それらを行った者に関しては厳重な処罰の対象とし、悪質編集者リストへ一定期間掲載させて頂きます。


  • 最終更新:2017-03-24 22:06:20

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード