福中久雄

福中久雄(ふくなか ひさお)は日本のヤクザ。指定暴力団住吉会最高顧問。福中総業代表。

略歴
大阪府出身で、戦前の1930年代、元・三代目酒梅組若中・審良連合の舎弟。審良連合内に福中組設立する。 1972年(昭和47年)、酒梅組審良連合会長主導による米軍座間基地盗難拳銃密売事件検で、警視庁が拳銃34丁押収。責任と長期服役により審良会長が引退。福中組福寿会に改称し、福寿会会長となる。1970年(昭和45年)初め、住吉連合大日本興行永月組組長の永月辰二郎(後の大日本興業相談役)が、東京から単身で大阪ミナミに進出を果した。当時の住吉連合堀政夫会長が大阪に訪れた際、永月をはじめ関西の親分衆に福中を紹介され、顔を覚えて貰ったのが縁となり、 1975年(昭和50年)、住吉連合浜本政吉の舎弟となり、住吉連合に加入。1999年(平成11年)、住吉会住吉一家福中総業に名称を改称、住吉会の中でも関西系組織のパイプ役となっている。余談にはなるが、 福中久雄の側近は、武田利幸(1936年 昭和11年・福岡県出身)で、武田自身も1958年(昭和33年)、審良連合西成支部長となり、1967年(昭和42年)、福中組舎弟頭、1975年(昭和50年)、住吉連合浜本兄弟会代行補佐、福寿会会長、1999年(平成11年)、幸平一家十二代目築地久松総長からの要請で、十二代目幸平一家練馬貸元となった人物である。   

この項目は書きかけ項目です。
この項目は書きかけ項目です。
役職や名称等、人事の変更などで必ずしも最新の情報とは限りません。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。
※誹謗中傷や悪戯、あらし行為、売名行為、他サイトの宣伝などは厳禁とし、それらを行った者に関しては厳重な処罰の対象とし、悪質編集者リストへ一定期間掲載させて頂きます。


  • 最終更新:2018-07-01 22:03:13

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード