石田章六

石田章六(いしだ しょうろく、昭和7年10月30日生ー平成28年10月23日、本名:朴 泰俊)は日本のヤクザ。指定暴力団・六代目山口組顧問。章友会会長。五代目山口組舎弟頭補佐。四代目山口組舎弟。三代目山口組若中。旧『柳川組四天王』の一人。

略歴
初代柳川組の出身。柳川次郎が同組を旗揚げする以前からの幹部級であり、野澤儀太郎藤原定太郎金田三俊らと共に『柳川組四天王』と呼ばれた。第一次頂上作戦により柳川組の二代目組長であった谷川康太郎柳川組の解散を宣言し山口組を絶縁となると、野澤、藤原、金田ら他の四天王メンバーとともに柳川組の地盤を引き継いで章友会を発足させ、三代目山口組直参に昇格した。
竹中正久四代目体制が発足すると舎弟に直り、平成元年に渡辺芳則をトップとする五代目山口組で舎弟頭補佐に就任し、執行部入りを果たした。
平成17年8月に司忍六代目体制が発足すると顧問に就任した。
平成28年10月23日、持病の悪化のため死去。享年83歳。

この項目は書きかけ項目です。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。
※誹謗中傷や悪戯、あらし行為、売名行為、他サイトの宣伝などは厳禁とし、それらを行った者に関しては厳重な処罰の対象とし、悪質編集者リストへ一定期間掲載させて頂きます。


  • 最終更新:2017-12-20 21:52:48

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード