的屋

的屋(てきや)
的屋(てきや)とは、祭礼(祭り)や市や縁日などが催される、境内、参道や門前町において屋台や露天で出店して食品や玩具等を売る小売商を指す。または、射幸心を伴う遊技(ゲーム)として射的やくじ引などを提供する街商(がいしょう)。または、大道芸にて客寄せをし商品を売ったり芸そのものを生業にする大道商人(だいどうしょうにん)である。

概要
呼称
職業神として元々は中華文明圏より伝わり、神道の神となった「神農の神」を祀り、独特の隠語を用いる者が多いため、狭い世界では神農(しんのう)とも呼ばれる。

的屋(まとや)、香具師(やし)、三寸(さんずん)とも呼ばれる。一般には馴染みが薄いと思われるが近年までは、よく使われた通り名であり、的屋(てきや)、香具師三寸は辞書では、同じ説明がなされている場合が多い。

祭礼や寺社との関わり
上記の「祭礼(祭り)や市や縁日などが催される、境内、参道や門前町」を庭場という。(以下庭場と記述)その庭場において御利益品や縁起物を売を打つ(売る)商売人である。商売人といっても、祭礼時などは町鳶、町大工などの冠婚葬祭の互助活動と同じで、いわゆる寺社普請と呼ばれる相互扶助の一環でもあり、支払われるお金も代金ではなく祝儀不祝儀であるともいえる。同時に寺社などとの取り交わしによって、縁起物を売る時は神の依り代になるともいえる。

的屋は「露天商及び行商人」の一種であり、伝統的な文化を地域と共有している存在である。しかし的屋は価格に見合った品質の商品を提供するというよりも、祭りの非日常(ハレ)を演出し、それを附加価値として商売にしている性格が強い。

的屋はいわゆる現在の路上などで行う素人や時代的背景のないパフォーマーとは異なる。路上において人間を集めるための演芸は、パフォーマー(演歌師・壮士)とは区別されるべきである。観客においても祭りというハレの場の非日常的な雰囲気を感じるか感じないかの違いがある。


歴史
「寺社などの神託」とは具体的には寺社普請といい、現在でも残っているが、特に明治以前の人々の暮らしは政(まつりごとが自治権として地域で認められていた)の中心として寺や神社があり、定期的な修繕や社会基盤としての拡張や一新を図るに当たり莫大な費用が必要であり、その一環として寄付を直接

  • 最終更新:2016-02-12 16:10:20

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード