熊川邦男

熊川邦男は日本の元ヤクザ。指定暴力団住吉会組織委員長。向後四代目総長。稲川会との抗争、「四ツ木事件」において銃撃され死亡。

略歴
西口茂男総裁にも溺愛され、福田晴瞭会長が理事長時代(幹事長稲垣富二 本部長五十嵐孝)に幹事長代行として執行部で組織運営に携わり後年、五十嵐孝本部長(幸平一家総長代行)と五分の兄弟盃を交わす。

五十嵐孝本部長も西口茂男総裁に溺愛され、幸平一家から住吉一家に養子に呼ばれた程である。この両者の兄弟盃は西口茂男総裁念願だったととも思われる。

この項目は書きかけ項目です。
役職や名称等、人事の変更などで必ずしも最新の情報とは限りません。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。
※誹謗中傷や悪戯、あらし行為、売名行為、他サイトの宣伝などは厳禁とし、それらを行った者に関しては厳重な処罰の対象とし、悪質編集者リストへ一定期間掲載させて頂きます。

  • 最終更新:2012-02-15 02:49:40

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード