溝下秀男

溝下秀男(みぞした ひでお)は元三代目工藤會会長。
1946年、福岡県嘉穂郡に生まれる。門司の大長組出身。24歳で溝下グループを結成。1979年に極政会に改称。草野高明(二代目工藤會会長)と天野義孝(四代目工藤會会長代行-2007年死去)と縁あって32歳で草野一家入り。僅か半年で末席から若頭に就任。抗争終結後に大同団結した初代工藤連合草野一家の若頭に。1990年には二代目工藤連合草野一家総長を継承し、会館の設立工藤連合草野一家憲法を作る。99年に三代目工藤會と改称、2000年に四代目工藤會総裁となり、その後名誉顧問。
2008年7月1日逝去

この項目は書きかけ項目です。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。
※誹謗中傷や悪戯、あらし行為、売名行為、他サイトの宣伝などは厳禁とし、それらを行った者に関しては厳重な処罰の対象とし、悪質編集者リストへ一定期間掲載させて頂きます。


  • 最終更新:2013-01-23 23:01:27

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード