準暴力団

準暴力団(じゅんぼうりょくだん)とは、暴力団の構成員ではないが、「集団で常習的に暴力的不法行為を行い、暴力団に準じる集団」がその定義で、暴力団のような事務所を持たず、メンバーどうしが緩やかなつながりをもっているのが特徴。

概略
警察庁は、「関東連合」や「怒羅権(チャイニーズドラゴン)」などの半グレと呼ばれる元暴走族グループ等に関し、これらを想定した「準暴力団」という規定を新たに設けたうえで、2013年より実態解明の取り組みを始動させている。}

「既存の暴力団のように組長をトップとする上下関係がはっきりしてはいないが、所属メンバーやOBが繁華街などで、集団で常習的に暴力的不法行為を行う。暴力団に準じる集団」がその定義で、2012年に東京で発生した六本木クラブ殺人事件を機としての新設であった。
警察庁によれば、この準暴力団で規定されるグループの一部は暴力団とも密接な関係を有するという。

現在、警察庁は「関東連合」、「怒羅権(チャイニーズドラゴン)」、「打越スペクター」、「大田連合」を準暴力団と認定している。

この項目は書きかけ項目です。
役職や名称等、人事の変更などで必ずしも最新の情報とは限りません。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。
※誹謗中傷や悪戯、あらし行為、悪質な売名行為、他サイトの宣伝などは厳禁とし、それらを行った者に関しては厳重な処罰の対象とし、悪質編集者リストへ一定期間掲載させて頂きますのでご注意下さい。



  • 最終更新:2014-12-17 12:20:45

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード