準暴力団

準暴力団(じゅんぼうりょくだん)とは、暴走族の元構成員や半グレなどを中心とする暴力的な不法行為を繰り返している反社会的集団。

概要
暴力団にみられるような明確な上下関係をもった組織ではないが、人的、資金的な面で暴力団などの犯罪組織と密接な関係をもつものもある。
これまで半グレなどと俗称でよばれていた。
2013年(平成25)3月に警察庁が暴力団対策法に基づく指定や認定としてではなく、暴力団に準じる治安を脅かす新たな反社会的勢力と位置づけ、集団の実体解明と取り締まりを強化するよう全国の警察に通達を出した。
準暴力団の団体数や構成員は詳しくわかっていないが、近年、繁華街や歓楽街において続発している暴行、傷害、恐喝などの犯罪の中心であるとされる。
また、多くはみかじめ料や特殊詐欺などを収入源としていると考えられており、一部は既存の暴力団と連携して犯罪組織化した例もある。

準暴力団と位置づけされているグループ
2014年末時点で警察庁が8集団を準暴力団と位置づけ。
8集団中、公表されている4集団。
関東連合OBグループ(活動地域:首都圏を中心に活動)
怒羅権(チャイニーズドラゴン)(活動地域:首都圏を中心に活動)
打越スペクターOBグループ(活動地域:東京都八王子市周辺で活動)
大田連合OBグループ(活動地域:東京都大田区周辺で活動)

この項目は書きかけ項目です。
役職や名称等、人事の変更などで必ずしも最新の情報とは限りません。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。
※誹謗中傷や悪戯、あらし行為、悪質な売名行為、他サイトの宣伝などは厳禁とし、それらを行った者に関しては厳重な処罰の対象とし、悪質編集者リストへ一定期間掲載させて頂きますのでご注意下さい。


  • 最終更新:2018-04-15 03:27:24

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード