清水善吉

清水善吉は、文久三年(一八六三)一月四日、清水善六(原田常吉実弟)の長男に生まれる。
明治三十八年頃原田常吉の跡目を継ぐ。
舎弟には小坂井村平松梅太郎、吉屋町のボク市事林市作、豊橋小米事河合米松、欠間ノ菊事寺部菊次郎、下五井派二代目富安伊作寺田孫治、信州斉藤一家和泉小市若衆後藤近蔵、相州横須賀一家三枝倉吉若衆木村金次郎、若衆には東田町森和七、北設楽郡本郷村安藤甚太郎、豊川町井上九助、小坂井村山口岩蔵、鳳来寺村今泉平五郎、千郷村根古傳事加藤伝作、作手村原田善六、男山事杉元清作、田原町糟谷谷三郎、御油町渡辺音吉、国府町若勇事石原兼吉、牛久保町内藤源太郎らがいた。
大正十年七月二日歿 行年五十九歳。

  • 最終更新:2015-01-12 14:46:43

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード