沼澤春男

沼澤春男(ぬまざわ はるお)は日本の元ヤクザ。指定暴力団住吉会会長代行 特別常任相談役。沼澤会初代会長。


略歴
1962年(昭和37年)阿倍重作住吉一家三代目引退。
住吉一家四代目を磧上義光が継承し港会会長に就いた。
その後、磧上義光港会を「住吉会」と改称した。
住吉一家四代目継承前まで、自らが率いていた組織が磧上会である。
磧上会から主要となる筆頭幹部五人を昇格させ、
後の住吉一家五代目を継承する堀政夫に託した。
その五人の中の一人が沼澤春男である。

磧上会五人衆
住吉連合会副会長 - 服部義雄磧上会会長)
住吉連合会常任相談役 - 塩沢四郎塩沢会会長)
住吉会会長代行・特別常任相談役 - 沼澤春男沼澤会会長)
住吉会筆頭副会長・組織委員長 - 花田正直花田会会長)
住吉会顧問 - 椿誠次椿組組長)

この項目は書きかけ項目です。
役職や名称等、人事の変更などで必ずしも最新の情報とは限りません。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。
※誹謗中傷や悪戯、あらし行為、売名行為、他サイトの宣伝などは厳禁とし、それらを行った者に関しては厳重な処罰の対象とし、悪質編集者リストへ一定期間掲載させて頂きます。


  • 最終更新:2018-05-23 14:55:19

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード