池田龍治

池田龍治(いけだ りゅうじ)は日本のヤクザ。指定暴力団稲川会の2次団体、三代目山川一家若頭。四代目稲川会執行部、池田組組長。

略歴
秋田県出身で少年時代よりプロ野球選手を目指し、法政大学に入学する。しかし、肩を壊し、プロ野球選手をあきらめ、キックボクサーとなる。沢村 忠などと興業を行う。その後、水商売を始め、そこで、清田次郎稲川会理事長、二代目山川一家総長)と知り合い、ヤクザとなった。元二代目弘道会谷誠会会長谷 誠次朗とは兄弟分の間柄である。

この項目は書きかけ項目です。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。
※誹謗中傷や悪戯、あらし行為、売名行為、他サイトの宣伝などは厳禁とし、それらを行った者に関しては厳重な処罰の対象とし、悪質編集者リストへ一定期間掲載させて頂きます。

  • 最終更新:2016-01-26 16:05:39

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード