橋本弘文

橋本弘文(はしもと ひろふみ、昭和22年1月8日生、本名:姜 弘文)は日本のヤクザ。指定暴力団・六代目山口組統括委員長。極心連合会会長。

略歴
若い頃に大阪の独立組織である南一家吉田組で渡世入りしたが、昭和51年に山本健一と知り合い、初代山健組へ移籍した。山健組内で橋本組(後の極心連合会)を結成した。渡辺芳則山健組を継承して二代目体制が発足すると、同組で若頭補佐、若頭代行等を務め、山健組の中枢幹部として活躍してきた。三代目山健組が発足すると同組の若頭に就任した。平成9年12月に桑田兼吉が銃刀法違反の罪で逮捕されると、トップ不在となった山健組の実質的な指導者として組織の勢力増長に貢献した。平成15年5月に桑田の有罪が確定すると、同組の組長代行に就任した。
平成17年4月に山健組から内部昇格で山口組直参に昇格すると、同年6月には若頭補佐に昇格、異例のスピード出世で執行部入りを果たした。六代目体制が発足すると引き続き若頭補佐を留任したが、平成24年4月に新設された『統括委員長』に就任。実質的な山口組のNo.3として組織運営の要を担っている。

この項目は書きかけ項目です。
役職や名称等、人事の変更などで必ずしも最新の情報とは限りません。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。
※誹謗中傷や悪戯、あらし行為、売名行為、他サイトの宣伝などは厳禁とし、それらを行った者に関しては厳重な処罰の対象とし、悪質編集者リストへ一定期間掲載させて頂きます。


  • 最終更新:2018-02-13 14:41:07

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード