柴田智生

柴田智生(しばたともお)は日本のヤクザ。指定暴力団住吉会副会長。二代目沼澤会会長代行。二代目森組組長。

◆略歴
1967年(昭和42年)東京都江戸川区出身。1980年代半ば、東京都内でヤクザや暴走族相手に最も無差別の抗争を繰り広げた、超過激暴走族『荒武者』の総長でもある。この当時、『荒武者』を壊滅させるべく、所轄警察署が署員を総動員させても壊滅させる事が出来なく、本庁である警視庁本部が総力をあげて対応し、『荒武者』の主要幹部を次々に逮捕した。初代森組組長代行であった当時、2001年(平成13年)8月15日未明、東京都葛飾区の四ツ木斎場(四ツ木斎場事件)で、稲川会大前田一家系組員による住吉会最高幹部射殺事件が発生。その際、拳銃を発砲する稲川会系組員を真っ先に取り押さえ金星をあげた。現在は二代目沼澤会会長代行・二代目森組組長を務める。

この項目は書きかけ項目です。
役職や名称等、人事の変更などで必ずしも最新の情報とは限りません。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。
※誹謗中傷や悪戯、あらし行為、悪質な売名行為、他サイトの宣伝などは厳禁とし、それらを行った者に関しては厳重な処罰の対象とし、悪質編集者リストへ一定期間掲載させて頂きますのでご注意下さい。


  • 最終更新:2018-07-09 13:58:15

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード