松田宣士

松田宣士(まつだのぶお)は日本のヤクザ。指定暴力団住吉会副会長。二代目沼澤会若中相談役。松田(宣)組組長。

◆略歴
1964年(昭和39年)東京都江戸川区出身。超過激暴走族、初代『荒武者』の創設メンバーでもある。同期には、最強の暴走族『荒武者』の初代総長である、故・原島義隆、故・森信明住吉会副会長補佐 初代沼澤会理事長 初代森組組長)ら多数存在した。初代『荒武者』の知名度をあげたのは、まず通常の常識では有り得ない凶暴性と攻撃性、タイマン喧嘩無敗で初代総長の原島義隆(1964 年生 伝統空手出身)と、暴走族相手の喧嘩経験が豊富な極真空手の黒澤浩樹緑健児との真正面のタイマン勝負、浅草の同期で極真空手師範の村越氏と港区内で組手勝負(住吉会委員長補佐 大日本興行三代目 松戸一郎会長の立会い)等で知名度をあげた所以でもある。

この項目は書きかけ項目です。
役職や名称等、人事の変更などで必ずしも最新の情報とは限りません。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。
※誹謗中傷や悪戯、あらし行為、悪質な売名行為、他サイトの宣伝などは厳禁とし、それらを行った者に関しては厳重な処罰の対象とし、悪質編集者リストへ一定期間掲載させて頂きますのでご注意下さい。


  • 最終更新:2018-08-27 21:19:38

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード