東声会の歴史

東声会の歴史
東亜会

歴史
東声会
昭和32年(1957年)、町井久之(本名鄭 建永)が、「東洋の声に耳を傾ける」と云う理念のもと、在日朝鮮人連盟(現:朝鮮総連)や在日朝鮮統一民主戦線などへの防波堤として、東京都銀座で反共団体・東声会を結成した。

初代東亜友愛事業組合
昭和42年(1967年)、東亜友愛事業組合として再建された。初代理事長には、旧東声会副会長・平野富士松が就任した。
詳細は平野富士松を参照。

二代目東亜友愛事業組合
昭和47年(1972年)、関東二十日会に加盟した。
詳細は沖田守広を参照。

東亜友愛・初代東亜会
詳細は二村昭平を参照。

二代目東亜会
平成11年(1999年)6月、金海芳雄は、東亜会二代目を継承した。
詳細は金海芳雄を参照。

二代目東声会
平成28年(2016年)10月、組織名を東声会に改称。
詳細は金海芳雄を参照。


友好団体
関東二十日会(現関東親睦会)加盟団体。また六代目山口組の親戚団体の一つとなっている。

山口組との関係
山口組とは田岡一雄町井久之の兄弟盃以来、東亜友愛事業組合理事長・沖田守弘が三代目山口組で「幹部扱い」とされ、四代目山口組時代には「若頭補佐待遇」とされるなど友好関係を保ち、親戚団体の一つとなっている。2005年に六代目山口組が発足すると組長・司 忍を後見人に迎え、関係を さらに強化した。


この項目は書きかけ項目です。
役職や名称等、人事の変更などで必ずしも最新の情報とは限りません。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。
※誹謗中傷や悪戯、あらし行為、悪質な売名行為、他サイトの宣伝などは厳禁とし、それらを行った者に関しては厳重な処罰の対象とし、悪質編集者リストへ一定期間掲載させて頂きますのでご注意下さい。


  • 最終更新:2016-10-05 19:40:20

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード