明友会事件

明友会事件(めいゆうかいじけん)は、1960年8月9日から1960年8月23日にかけて起きた三代目山口組明友会との抗争事件。

概要
1960年8月9日、大阪 ミナミのクラブ「青い城」で山口組三代目・田岡一雄中川組組長・中川猪三郎、(山広組組長)山本 広らが歌手・田端義夫の公演に関する労をねぎらっていたところ、近くにいた明友会の幹部が田端に歌を強要した。 中川猪三郎は慰労で来ている事情を説明し断ったが、明友会組員に殴打された。 店内は一時騒然となったが、田岡一雄は身を挺して田端をかばい、その場は事なきを得た。

この一件で面子を潰された山口組は激怒し、明友会から2度に渡り和解を提示されたが、これを拒絶した。 そればかりか和解案が十分でなかったため、更に山口組の態度を硬化させる結果となった。

それでも明友会会長・甲山五郎こと姜 昌興から諏訪一家総裁・諏訪健治を通して山口組の若頭補佐・山本 広へ和解の交渉は続けられたが、今度は明友会組員6人が加茂田組組員3人を殴打する事件がミナミで発生。 和解の道は完全に閉ざされた。

山口組からの明友会襲撃は若頭・地道行雄を指揮官として、加茂田組柳川組南道会等を中心に構成され、8月11日以降、明友会のアジトを次々と襲撃した。 この襲撃には夜桜銀次なども参加していた。

8月20日には後の東大阪市にある有楽荘アパートを襲撃され死者を出すなど一方的な攻撃を受け、総崩れとなった明友会は別府の石井一郎を頼って全面降伏を申し出た。この事件で山口組側は逮捕者84人を出し、柳川組だけで逮捕者24人を出した。 1960年8月23日、明友会は会長・姜 昌興以下、最高幹部15人の指を詰め手打ちを行い抗争は終結した。

影響
ミナミにおける明友会勢力は消滅し、代わって田岡一雄の大阪の舎弟・藤村唯夫が率いる南道会勢力が躍進した。神戸の溝橋組(組長・溝橋正夫)など山口組傘下組織が大阪に進出。また明友会から小田秀臣。(後の山口組若頭補佐、小田秀組組長)が山口組傘下に鞍替えした。

加茂田重政が前線に立ち、警察の山口組への追及を自分で食い止め長い懲役に行くことになった。

地道行雄の大阪の舎弟であった柳川組の実力を本家の山口組が認めた結果、これ以降の戦闘に彼らを送り込むことを決意させた。また、後に三代目の懐刀とされ沖縄和平交渉や東海、関東の系列化に功績のあった「山口組のキッシンジャー黒沢 明が世間に出る契機となった。 黒沢は事件後10年以上の長期服役。柳川組出身で この時点では地道組舎弟。引退後は野村秋介とも親交を深め共にフィリピン ゲリラによる日本人カメラマン誘拐事件の解決に尽力したのも報道された。

なお山口組が見せた明友会事件での統制のとれた指揮系統や機動力に、地元・大阪であぐらをかいていた、数ある在阪暴力団組織の危機感を煽ることとなり、のち南一家中政連合酒梅組東組砂子川大野一家直嶋義勇会淡熊会土井熊組高村組倭奈良松田組諏訪一家など、在阪暴力団は系列化を進めることとなる。

この項目を加筆、訂正して下さる協力者を求めています。
※誹謗中傷や悪戯、あらし行為、売名行為、他サイトの宣伝などは厳禁とし、それらを行った者に関しては厳重な処罰の対象とし、悪質編集者リストへ一定期間掲載させて頂きます。


  • 最終更新:2019-05-23 22:22:39

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード