御挨拶状

御挨拶

謹啓 初秋のみぎり御尊家御一統様には益々御清栄の段 大慶至極に存じ上げます

陳者今般

山口組創立100周年式典も慶事に終り 初代山口春吉親分始め五代目渡辺芳則親分まで幾多の苦難を乗り越え現山口組を築かれ

特に山口組三代目田岡一雄親分に於かれましては敗戦直後の最も厳しい中 官憲の重圧にも屈する事なく現山口組の礎をつくられた偉大な親分であります

此にきて我ら同志一同の者相寄り 如何にすれば この歴史と伝統ある山口組を未来永劫に残す事が出来るか協議を致したる結果 現山口組六代目親分に於かれては表面のみの「温故知新」であり

中身にあっては利己主義甚だしく 歴代親分 特に三代目親分の意を冒涜する行為多々あり 此の儘 見て見ぬふりで見過ごしにする事は伝統ある山口組を自滅に導く行為以外考えられず

我ら有志一同の者 任侠道の本分に回帰致し 歴代山口組親分の意を遵守する為 六代目山口組を離脱致し 新たなる「神戸山口組」を発足し歴代親分の訓育と魂魄を忘失する事なく

心機一転肝刻致し新しい神戸山口組に身命を賭す覚悟であります 御諸賢各位に於かれましては何卒我ら有志一同の心衷御察しの上 

日頃よりお寄せ頂き居ります御芳情を持ちまして旧に倍します御指導御鞭撻を賜ります様伏してお願い申し上げます
                                               百拝

平成二十七年八月吉日                               
yamaguchigumi
  神戸山口組

組長 井上邦雄 舎弟一同 若中一同

  • 最終更新:2015-11-08 12:49:55

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード