後藤一男

後藤一男(ごとうかずお)は日本のヤクザ。指定暴力団・六代目山口組の3次団体、四代目山健組・五代目多三郎一家組長であった。2007年5月、神戸市中央区花隈の山健組本部の近くで刺殺された。

略歴
中部地方の老舗一家として知られる五代目多三郎一家の後藤一男総長の代になってから、山口組山健組に加入。
老舗組織として名古屋市千種区では確固たる地盤を築いていた。
後藤一男が四代目山健組発足と同時に舎弟頭に就任。
これからの活躍が期待されていたが、2007年5月、神戸市中央区花隈の山健組本部の近くで刺殺される。その前日に、後藤一男は破門処分になったと言われているが、破門状は出回っていないとのことである。五代目多三郎一家は解散し跡継ぎ団体として多三郎一家幹部福富組組長が山健組直参へと昇格し、後に健仁会と組織名を変更し現在に至る。

この項目は書きかけ項目です。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。
※誹謗中傷や悪戯、あらし行為、売名行為、他サイトの宣伝などは厳禁とし、それらを行った者に関しては厳重な処罰の対象とし、悪質編集者リストへ一定期間掲載させて頂きます。

  • 最終更新:2012-06-01 18:36:28

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード