布川皓二

布川皓二(ぬのかわ こうじ、昭和28年12月8日生)は六代目山口組若中。二代目中西組組長。

略歴
布川皓二は平成15年12月に、五代目山口組最高顧問として山口組の重鎮として君臨していた中西一男率いる中西組から直参に昇格した。
 初代の中西一男組長は、三代目時代から若頭補佐を務め、四代目暫定体制で組長代行、五代目体制では最高顧問に就き、山口組の発展に多大なる功績を残した大長老だった。
 その中西一男組長が平成15年9月1日に病死。長年に渡って山口組を支え続けた中西一男が率いた中西組の跡目継承が注目されたが、中西組一門の総意として二代目を託されたのが、若きホープとして活躍していた布川皓二である。
 布川皓二は福井を本拠としていた二代目宮原組組長として、中西組の若頭の職に就き、実力派の若手組長として中西組の発展のために手腕を発揮していた。その評価が、跡目決定でも一門総意として順当だったと窺われる。
 六代目体制では、総本部当番責任者として活躍していたが、その後、新設された組織委員に抜擢されるなど、執行部からの評価も高いと言われ、将来の幹部候補としてこれからの更なる活躍が期待されている。

この項目は書きかけ項目です。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。
※誹謗中傷や悪戯、あらし行為、売名行為、他サイトの宣伝などは厳禁とし、それらを行った者に関しては厳重な処罰の対象とし、悪質編集者リストへ一定期間掲載させて頂きます。


  • 最終更新:2016-11-06 13:26:42

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード