川合康允

川合康允(かわい やすみつ、昭和12年9月6日生)は日本のヤクザ。指定暴力団・六代目山口組舎弟。川合組組長。旧瀬古安会若頭。

略歴
岐阜に地盤を置いていた瀬古安会の出身。昭和38年に山口組の岐阜侵攻に対し一歩も引かず、『大垣事件』において最前線で戦う等の武闘派であった。しかし後に瀬古安会が三代目山口組若頭・地道行雄の舎弟として加入し、昭和45年には瀬古安会山口組直系に昇格した。
しかし昭和53年に瀬古安会内でクーデターが勃発し、同じく岐阜に本拠を置く山口組直系・菊田組でも同様のクーデターが勃発し、両組織の9人の最高幹部が一斉に離脱する事態となった。これらの幹部が新たに『山心会』を立ち上げるも再び分裂、山口組本家は時の最高幹部全員を本家の直系に昇格させる方針とし、その際に川合も山口組直参となった。

この項目は書きかけ項目です。
役職や名称等、人事の変更などで必ずしも最新の情報とは限りません。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。
※誹謗中傷や悪戯、あらし行為、売名行為、他サイトの宣伝などは厳禁とし、それらを行った者に関しては厳重な処罰の対象とし、悪質編集者リストへ一定期間掲載させて頂きます。


  • 最終更新:2019-01-03 04:37:15

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード