山川賢一

山川賢一(やまかわ けんいち 昭和20年8月18日生)は元五代目山口組若中。山川組組長。

略歴
三重県伊勢市出身。
昭和42年に中西組の直参となり、実力を買われ昭和57年に四代目山口組中西組若頭に就任。中西組長の右腕として組織発展に尽力した。その後、平成元年5月に、五代目山口組誕生と同時に、服役中にも関わらず、五代目山口組本家直参に昇格。五代目体制では総本部当番長も務め、次世代を担う若手組長として将来を嘱望されていた。中西組時代より数々の抗争を経験し厳しい戦局もあったが「三重のことは三重で始末する」と援軍を頼まず、自力一本で抗争を乗り切った。しかし平成13年に福岡県でおこった組員によるエステ会社副社長刺殺事件で殺人教唆の全国指名手配を受け、平成18年に引退、解散。約11年にわたって逃亡したが、平成25年9月9日に他界

この項目は書きかけ項目です。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。
※誹謗中傷や悪戯、あらし行為、売名行為、他サイトの宣伝などは厳禁とし、それらを行った者に関しては厳重な処罰の対象とし、悪質編集者リストへ一定期間掲載させて頂きます。


  • 最終更新:2016-02-06 12:08:57

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード