小野守利

小野守利(おの もりとし)は日本のヤクザ。指定暴力団・六代目山口組若中、六代目奥州会津角定一家総長。

略歴
1939年7月11日生。菅谷組川内組の組員として活動したのち、三代目山口組の有力直系組織であった佐々木組に移籍。更に佐々木組の解散に伴い弘道会へと移籍した。

山口組渡辺五代目の舎弟であった木村茂夫が1992年に病死。これに伴い奥州会津角定一家の跡目を継承し、翌1993年に山口組の直参に昇格。

2008年に後藤組の処分問題が発生すると、井奥会会長の井奥文夫(神戸)、三代目大門会会長の奈須幸則(熊本)、二代目一心会会長の川﨑昌彦(大阪)、浅川会会長の浅川桂次(大阪)、太田興業組長の太田守正(大阪)、二代目浅川一家総長の浅川睦男(福岡)とともにこれに連座。除籍処分となり、2008年をもって山口組を追われた。

この項目は書きかけ項目です。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。
※誹謗中傷や悪戯、あらし行為、売名行為、他サイトの宣伝などは厳禁とし、それらを行った者に関しては厳重な処罰の対象とし、悪質編集者リストへ一定期間掲載させて頂きます。


  • 最終更新:2012-06-02 18:26:33

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード