小林良法

小林良法(こばやし よしのり、昭和39年7月19日生)は日本のヤクザ。指定暴力団・六代目山口組若中。三代目心腹会会長。

略歴
三重県の出身で、同県内では暴走族のリーダーとして鳴らした後に渡世入り。鈴鹿市で小林組を立ち上げ、心腹会の勢力拡大に貢献した。平成23年9月に心腹会初代・尾崎彰春が引退し、実子の尾崎勝彦が率いる尾崎組と統合する形で心腹会の二代目を継承。それに当たって理事長に就任した。
平成26年5月、先代尾崎勝彦が病気療養のために引退したのを受け、心腹会三代目会長を継承し直参に昇格した。

この項目は書きかけ項目です。
役職や名称等、人事の変更などで必ずしも最新の情報とは限りません。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。
※誹謗中傷や悪戯、あらし行為、売名行為、他サイトの宣伝などは厳禁とし、それらを行った者に関しては厳重な処罰の対象とし、悪質編集者リストへ一定期間掲載させて頂きますのでご注意下さい。


  • 最終更新:2019-01-03 15:07:26

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード