小倉米三郎

飯島宗家初代飯島源次郎から分家名のりを許されて一家を構えた。
大正期の新宿で大きな勢力を誇っていたと。
豊多摩郡淀橋町に住まいがあった。
昭和神農実業組合の常任理事を務めた。
兄弟分に東京興行組合幹事長を務めた長尾興業部・長尾一郎らがいた。
子分に尾津喜之助(飯島一家小倉二代目、関東尾津組組長)や松尾啓三(奥州西海家二代目)ら後の大親分がいた。

  • 最終更新:2015-01-14 22:14:15

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード