太田健真

太田健真(おおた たけまさ)は日本のヤクザ。指定暴力団住吉会の二次団体、十条領家初代総長。波木七代目総長。住吉会総本部長。

略歴
太田健真は住吉会総本部の最高責任者としての立場から30年以上にも渡って住吉会の歴史を見続けてきた。現在でも十条領家並びに波木七代目当代として、縄張りを死守しながらも住吉会全体を見回しながら会の未来を見据えて日々走り続けている。
若い頃より本部に詰め、一貫して事務畑を歩んできた太田健真は、プライベートな時間よりも本部にいる時間の方が圧倒的に長いという生活を送ってきた。そのような生活を何十年にも渡って送ることで誰よりも住吉会の組織運営については詳しく、「歩く住吉会事典」と言わしめる程である。同会の事務局長を長年務めてきたことからも分かるように、実務手腕で太田健真に敵う者は、住吉会広しと言えどもそうはいないだろう。
太田健真は、堀 政夫住吉一家五代目総長の下で修業を積んできた。そしてその所作の一つ一つからヤクザとして生きていくための信念や心構えを胸に深く刻みつけてきたという。堀五代目から直接薫陶を受けてきたことで、生来太田総本部長の中で眠っていた慈しみの心や裏表のない性格にさらなる磨きがかかり、花開いたといえる。山積みした事案を片付けなければならないため、分刻みのスケジュールをこなしながらも穏やかな陰日向無く誰にも同じように接することができるのは、ひとえに太田健真の才能と言えよう。このスマートさは堀五代目直伝で、西口茂男住吉一家六代目によって仕上げが施されたに違いない。
組織の為に滅私奉公する太田総本部長は古いタイプのヤクザかもしれない。しかし、頭の中には常に一歩も二歩も業界のスタンダードよりもリードしているアイデアやプランがぎっしりと詰まっている。それをどうやって実現させるかを考え、またそのための近道を日々予測している。行動力のある親分が数多くいる住吉会の中にあってそのフットワークの速さは群を抜く。住吉会発展のため、太田総本部長は今日も走り回っている。

この項目は書きかけ項目です。
役職や名称等、人事の変更などで必ずしも最新の情報とは限りません。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。
※誹謗中傷や悪戯、あらし行為、悪質な売名行為、他サイトの宣伝などは厳禁とし、それらを行った者に関しては厳重な処罰の対象とし、悪質編集者リストへ一定期間掲載させて頂きますのでご注意下さい。


  • 最終更新:2012-05-16 05:00:54

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード