天道盟

天道盟(てんとうめい、ティエン・タオ・メン)は、台湾の犯罪組織の一、広域暴力団。活動地域は主に台湾主に中部と南部。台湾北から南まで、国外は拠点が有る。実際の構成員数は不明であるが、総構成員は現在で数万人とも言われている。台湾三大黒社会組織(暴力団)の一者として、竹聯幇四海幇と並び称される。
天道盟は台湾暴力団の中で、地縁が最も強い地元連盟である。 天道盟の歴史は竹聯幇四海幇と比較して短いが、その勢力は軽視することはできず、三大黒社会組織(暴力団)のうち、最も迅速に勢力を拡大している。 しかしながら、天道盟の組織はその他の組織の構成とは異なり、連盟の形態をとっている為、それぞれの下部団体は全て勝手にふるまっている。 それゆえ、天道盟の勢力は強大であるが、組織としての全体の統制があまりとれていない為、天道盟関係者は憂いを抱いている。

歴代総裁(盟主
初代目(1987年~2002年):羅福助
二代目(2002年~2005年):陳仁治
三代目:(2005年~):蕭沢宏済公会会長)

略史
1984年、一清特別案件(全国で黒社会壊滅運動)にて逮捕・入獄することになった角頭たちに対して、巨大な勢力への不満を募らせ、刑務所内で本省掛(本省人系)のヤクザ連盟を結び、外省掛(外省人系)の竹聯幇に対抗することを提案した。台北市文山区の羅福助文山幇)から、高雄の楊登魁西北幇)、基隆の吳桐潭田寮港幇)、三重の蕭沢宏、中和の李博熙、彰化の謝通運と新竹の林敏徳天道盟を構成していた。 この時、総連絡人として羅福助が推挙されるが、この時の天道盟は繋がりとしての団体組織であり、具体的に活動する組織としては成り立っていなかった。

1987年、皆が出獄した後、台湾各地ですぐさま太陽会済公会孔雀会不倒会敏徳会鴨覇会(今の仁義会)などの下部団体(暴力団)を設立する。初代盟主は羅福助が担当した。設立後には各地のヤクザ団体を傘下に収めている。 1989年、山口組との組織交流を始め、人員を派遣して日本まで山口組の経営パターンを学ぶ。 1994年、天道盟は組織内部の改造を行って、「総裁」(盟主)、「副総裁」の職務、新規に団体を設立するのは「高級顧問」のみとし、高級顧問が組長を指定する、という制度を作りあげた。

1995年、総裁(盟主)羅福助は立法委員(国会議員)に当選し、政治の力の助けを用いて、天道盟の勢力に大幅に拡張させていき、続々と同心会文山会天鷹会天徳会環南会の下部団体(暴力団)を創立する。

2002年、天道盟に重大な変化が起こる。総裁であった羅福助は多くの刑事事件に関連していたことが明らかになり、失脚する。また相殺の失脚によって天道盟の勢力は大幅に削られてしまう。 元老楊登魁(初代目の時.最高顧問)は商業に力を尽くしていたが、下部団体の中で最大勢力であった太陽会に分裂問題が発生し、しかも天道盟の元老も太陽会の初代会長吳桐潭であったために、国外へ逃れるという事態に陥った。 これにより天道盟内の重役であった大老の地位は、だんだん衰退することとなった。

以降、天道盟には二代目の総裁が選抜され、新旧は交替して、二代目の総裁(盟主)陳仁治(元・廈門幇幇主、初代目の時・委員会執行長担任)となった。陳仁治は強固な実権を握り、各地ヤクザ団体も傘下に収めている。また前後して天義会天慶会天鳴会北海会松山会天林会関聖会の下部団体(暴力団)を創立する。 また陳仁治は過去に利害関係があった団体との和解を提唱したものの、これは多くの不満要因となり下部団体の独立を招いた。(陳仁治を支持しないことの表明としての行動)

2005年、陳仁治は高齢を理由に自ら二代目総裁(盟主)の地位から辞して、済公会会長・蕭沢宏が三代目総裁(盟主)となった。

最高幹部
精神領袖:羅福助陳仁治
名誉顧問:楊登魁 -元・最高顧問(引退)
名誉顧問:陳治男
総裁(盟主):蕭沢宏
委員会執行長:不明
最高顧問:林応明
顧問:侯貴生
顧問:林佳麟(羅福助之契子)
北部区域連絡役:曾銀鵬
中部区域連絡役:廖俊雄
南部区域連絡役:陳立昌
その他は不明

下部団体
天道盟の組織の形態は連盟形態に属しているものの、ほとんどの団体はそれぞれ勝手にふるまってと独りで発展する傾向がある。 またほとんどの組織は地区性ヤクザ団体(暴力団)であり、これらの団体はそれぞれの角頭から天道盟に加盟して創立されている。

下部団体には台湾に存在する一定の勢力と知名度があって、その中は太陽会天道盟の中で最も強大な下部団体である。

活動
天道盟の創立当初はちょうど台湾の経済が急速に発達した時であり、それぞれの団体は独自の活動に任せられている。 天道盟は外部から圧力を受けた時のみに協力し合う組織であり、組織からのバックアップなどはあまりない。 それぞれの団体の資金源は主に地域収入がメインである。 賭博、非合法な私営金融機関などの産業を保護したり、ホテル、バー、ダンス・ホールを設立して収入を得ている。また台湾では宝くじなどのギャンブルを作り上げたり、日本からパチンコを導入して莫大な利潤を獲得している。 時代が発展するにつれて、天道盟の資金調達も規模が大きくなり、公共事業に参加したり、標識、株の投機的売買、不動産、メディアなどを複合させて使うことで株式市場で利益を得たり、船輸、先物取引、娯楽産業(映画とテレビ)にも後発ながらも参入している。 また近年ではその大きな影響力を駆使して「政治に介入している」という意見もある。

この項目は書きかけ項目です。
役職や名称等、人事の変更などで必ずしも最新の情報とは限りません。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。
※誹謗中傷や悪戯、あらし行為、悪質な売名行為、他サイトの宣伝などは厳禁とし、それらを行った者に関しては厳重な処罰の対象とし、悪質編集者リストへ一定期間掲載させて頂きますのでご注意下さい。


  • 最終更新:2017-03-25 21:50:32

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード