大谷榮伸

大谷榮伸(おおたに えいしん、昭和18年9月4日生)は日本のヤクザ。任侠山口組本部長補佐。京滋連合会長。大谷組組長。元淡海一家出身。

略歴
18歳の時に会津小鉄会傘下組織で渡世入りし、25歳で自身の組である大谷組を結成。四代目会津小鉄では高山登久太郎の若衆となった。同会内での内紛騒動などで銃撃を受け、頭部に1発、胸部に2発の銃弾を浴びて瀕死の重傷を負うも復活を遂げ、『不死身の大谷』として恐れられたという。
その後山健組健竜会に所属し、さらには弘道会淡海一家に移籍した。しかし山口組の分裂に際し、織田絆誠の考えに賛同し、平成29年5月7日に任侠山口組に加入、同組の本部長補佐に就任した。さらには自身の組を京滋連合と改称した。業界内では六代目山口組系組織からの移籍ということで注目を集めた。

この項目は書きかけ項目です。
役職や名称等、人事の変更などで必ずしも最新の情報とは限りません。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。
※誹謗中傷や悪戯、あらし行為、売名行為、他サイトの宣伝などは厳禁とし、それらを行った者に関しては厳重な処罰の対象とし、悪質編集者リストへ一定期間掲載させて頂きます。


  • 最終更新:2017-12-17 16:49:52

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード