大島一家

大島一家十一代目は茨城県筑西市下川島764-1に本拠を置く暴力団で、住吉会の三次団体。上部団体は親和会

略歴
幕末の侠客国府田安兵衛の跡目国府田若之亟が初代となり大島一家を興す。
八代目の頃、親和会に加入。親和会住吉連合加入、住吉会再編により、現在は住吉会親和会・大島一家となっている。

親和会大島一家系譜
初 代 - 国府田若之亟
二代目 - 中村啓次郎
三代目 - 篠崎庄蔵
四代目 - 小田泰治
五代目 - 下山 茂
六代目 - 大松崎三吉
七代目 - 栗山嘉一
八代目 - 小室武平
九代目 - 滝田勝三
十代目 - 渡邉孝夫
十一代目 -

組織図
総 長 -

傘下組織



この項目は書きかけ項目です。
役職や名称等、人事の変更などで必ずしも最新の情報とは限りません。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。
※誹謗中傷や悪戯、あらし行為、悪質な売名行為、他サイトの宣伝などは厳禁とし、それらを行った者に関しては厳重な処罰の対象とし、悪質編集者リストへ一定期間掲載させて頂きますのでご注意下さい。

  • 最終更新:2016-08-29 19:03:13

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード