堀政夫

堀 政夫(ほり まさお、1925年 - 1990年)は、日本のヤクザ指定暴力団住吉会総裁、住吉一家五代目総長、住吉一家 中里一家四代目総長。お役者政の異名を持つ。

来歴
大正14年(1925年)、長崎県佐世保市で生まれた。

二代目住吉一家貸元、井出六蔵親分との縁で渡世入り、その命で千葉県野田市に行き中里一家の跡目を継いだと言われている。

昭和25年(1950年)の戦後、芝居一座などの興行主として東北を巡業した。

昭和42年(1967年)、解散した住吉会を引寄せ「住吉連合」を結成し代表に就任した。

昭和47年(1972年)、稲川会(前身は錦政会)、國粹会(前身は日本国粋会)、東亜会(前身は東声会)、交和会(前身は北星会)、義人党住吉会松葉会二率会双愛会が参加して、博徒系暴力団の親睦団体・関東二十日会が結成された。

昭和57年(1982年)、組織の刷新を断行し組織名を「住吉連合会」に改め会長に就任した。

昭和58年(1983年)、東京都池袋で、博徒系暴力団・住吉連合会(会長は堀政夫)幸平一家と的屋系暴力団・極東関口(総帥は松山眞一。本名は曹圭化)三浦連合会(後の極東会真誠会)とが抗争事件を起こした。堀政夫と松山眞一とが会談し、和解が成立した。これを機に、博徒系暴力団と的屋系暴力団との親睦を図っていく機運が生まれた。

昭和63年(1988年)、組織改革により住吉連合会総裁に就任。武力では無く人間性で組織を築いた。

平成元年(1989年)5月、住吉連合会(後の住吉会)本部長・小林楠扶小林会会長)は、寄居一家寄居真会会長に舎弟盃を与えた。これを切っ掛けに、住吉連合会と寄居一家の抗争事件が勃発した。


平成2年(1990年)10月、肝硬変で死去。享年65。

人物
戦後、芝居一座などの興行主として東北を巡業していたことから異名が付いた。気性の激しい武闘派であったが「ヤクザはお天道様に背を向け日陰を歩くもの」として他団体と内政不干渉を掲げ、一方で名門を参集させることで組織を拡大していく共存繁栄を貫く姿勢であったことから「お役者政」の異名が定着した。

この「堀政夫」は、犯罪・事件に関連した書きかけ項目です。この項目を加筆、訂正して下さる協力者を求めています。
この記事の内容の信頼性について検証が求められています。確認のための文献や情報源をご存じの方はご提示ください。出典を明記し、記事の信頼性を高めるためにご協力をお願いします。


  • 最終更新:2010-09-15 18:26:27

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード