加藤英幸

加藤英幸(かとう ひでゆき、1947年 昭和22年6月生)は日本のヤクザ。指定暴力団住吉会総本部長。幸平一家十三代目総長。

幸平一家.jpg

略歴
福島県生まれ。福島県立福島高等学校に進学し、水泳部ではキャプテンとし活躍した。転機となったのは大学受験で、目指した大学に失敗し、国士舘大学へ入学した事である。しかも大学では校内で一番不良度の高い武道部に入部した。
ヤクザ、警視庁、右翼の世界にOBが多い国士舘大出身者の中で、
加藤英幸は知名度が非常に高いという。
ヤクザとの関わりは大学の下級生時代に始まり、
渋谷にある幸平一家池田烈が率いた池田会の事務所に出入りした事である。
池田会では若頭補佐を務めた。幸平一家加藤連合を結成し、組長に就任。
幸平一家十二代目総長代行を務めた後、十三代目幸平一家総長を継承する。
上部団体の住吉会では住吉会渉外委員長に就任し執行部入り。
2018年現在、住吉会総本部長の要職に就任。

この項目は書きかけ項目です。
役職や名称等、人事の変更などで必ずしも最新の情報とは限りません。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。
※誹謗中傷や悪戯、あらし行為、悪質な売名行為、他サイトの宣伝などは厳禁とし、それらを行った者に関しては厳重な処罰の対象とし、悪質編集者リストへ一定期間掲載させて頂きますのでご注意下さい。


  • 最終更新:2018-06-20 17:54:05

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード