初代弘道会

初代弘道会(こうどうかい)は愛知県名古屋市中村区宿跡町1-117に本部を置き愛知県名古屋市中村区宿跡町1-55に本家を置く暴力団で、五代目山口組の二次団体。初代の活動期間は(1984年・昭和59年~2005年・平成17年)、21年間。構成員は約2000人。(2005年・平成17年当時)
<弘|道>

◆組織図・平成17年
会 長 - 司忍(五代目山口組若頭補佐)
若 頭 - 髙山清司髙山組組長) - 名古屋市南区
相談役 - 中村英昭(九代目稲葉地一家総長) - 名古屋市
舎弟頭 - 小笠原茂巳小笠原一家総長) - 北海道釧路市
本部長 - 小林義一(四代目河村一家総長) - 名古屋市
舎弟頭補佐 - 岡義光岡組組長) - 愛知県春日井市
舎弟頭補佐 - 米川康博米川組組長) - 大阪府大阪市
舎弟頭補佐 - 野口次郎野口興業組長) - 三重県尾鷲市
若頭補佐 - 谷誠次朗谷誠会会長) - 名古屋市
若頭補佐 - 鈴木覚正道会会長) - 北海道札幌市
若頭補佐 - 福島康正福島連合会長) - 北海道札幌市
若頭補佐 - 森健司(三代目司興業組長) - 名古屋市中区
若頭補佐 - 山本岩雄佐々木組組長) - 名古屋市

◆舎弟
中島護中島組組長) - 服役中
川崎之雄東海興業組長) - 宮城県仙台市
藤島洋志藤興業組長) - 東京都
高山誠賢淡海一家総長) - 滋賀県大津市
矢野宏(三代目端地組組長) - 三重県熊野市

◆幹部
事務副局長 - 田中啓三田中興業組長) - 愛知県豊田市
事務副局長 - 田畑政範田畑組組長) - 愛知県津島市
事務副局長 - 加藤英喜加藤組組長) - 名古屋市
綱紀副委員長 - 徳丸孝志徳丸組組長) - 名古屋市
組織副委員長 - 浅丘健次浅丘組組長) - 名古屋市
組織副委員長 - 山原清市山原組組長) - 名古屋市
組織副委員長 - 金田基一金田組組長) - 秋田県秋田市
渉外副委員長 - 竹内薫(十代目紙谷一家総長) - 三重県津市
渉外副委員長 - 斎藤弘己髙己組組長) - 熊本県熊本市
財務副委員長 - 黒岩俊夫黒岩組組長) - 名古屋市
財務副委員長 - 室橋宏司室橋興業組長) - 名古屋市
運営副委員長 - 中村静夫(七代目浅野会会長) - 名古屋市
運営副委員長 - 関谷優二関谷組組長) - 名古屋市
厚生副委員長 - 鈴木善春鈴木興業組長) - 愛知県大府市

◆若中
秋田隆秋田組組長) - 名古屋市
土井藤門(七代目平野家一家総長) - 名古屋市 
田中元章田中組組長) - 岐阜県羽島市
西山憲吾西山興業組長) - 静岡県浜松市
斎藤隆次斎藤組組長) - 福島県福島市
中島政春中政組組長) - 茨城県水戸市
南正行南心会会長) - 福島県福島市
林大吉林組組長) - 石川県金沢市
山本秀美(二代目錠組組長) - 岐阜県土岐市
草場信夫(二代目山本組組長) - 名古屋市
大石敏雄(三代目西心会会長) - 大阪府門真市
湊学湊興業組長) - 兵庫県神戸市
高橋憲冶高橋興業組長) - 山形県山形市
山本清元成清組組長) - 愛知県半田市
若林忠行若林興業組長) - 長野県小諸市
星野昌紘(四代目導友会会長) - 名古屋市
山内向司(七代目野田一家総長) - 愛知県稲沢市
斎藤則夫藤仁興業組長) - 北海道帯広市
船木信也健生会会長) - 名古屋市
小栗敏憲(六代目笹若一家総長) - 名古屋市
石神正悟(六代目水谷一家総長) - 三重県四日市市
田中義人(八代目浅野亭一家総長) - 愛知県一宮市
水谷満(五代目前津一家総長) - 名古屋市
土田任紀(二代目多辺組組長) - 名古屋市
会長付・執行部 - 土井幸政(政治結社司政会議総裁) - 名古屋市



  • 最終更新:2018-07-28 19:59:49

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード